ニッカ不動産とは

無料建物検査 クリアハウス

クリアハウスは、リフォーム業界実績NO.1を誇るニッカホームが手掛ける検査付住宅です。
ニッカホームが定める独自の検査基準により、中古住宅の品質を徹底検査。
その上で、お客様の価値観やライフスタイルに合わせたプランを提案します。
長く安心して住んでいただける住宅の提供とともに、地球にやさしい循環型社会をめざします。

インターネットに掲載されている物件は、全ての不動産会社で「同じ値段」「同じ仲介手数料」で取り扱っています。

だから、同じ物件を同じ条件で購入するなら無料建物検査付きのニッカ不動産

建物検査のススメ

住まいの健康診断。購入前に建物検査を受けよう!

中古物件を購入するにはまず「建物を知ること」から始めなければなりません。
住宅の建物検査は、人間に例えれば健康診断のようなもの。
今の建物の状態を把握するために行います。
悪い箇所があれば早めに対策をすることで、住宅の寿命を延ばすこともできるのです。
安心して購入し、安心して長く住み続ける。
買った後で後悔しないように、建物検査を受けましょう!!

その建物、ほんとに大丈夫?

ニッカ不動産で物件紹介させていただくお客様には、ご希望により、購入前の建物検査ができます。
基礎状態、ホルムアルデヒド放射量、白アリ、雨漏れ、水漏れ、通電状態などなど、専門機材を用いて細部まで検査します。しかも無料!

あまりに故障や不具合が多い物件や、強度不足が判明した物件は、購入を見送ることができます。

3件目まで無料!リノベーショしなくてもOK!

一般的に、建物検査は1件5万から10万円するオプション料金。 無料をうたっている所も、殆どが「契約後」の検査か、検査して契約成立しなかった場合、「後で費用が発生」します。大手リフォーム会社・ニッカ不動産ならではの「大サービス」なのです!

業者の検査は通常1~2週間かかります。ニッカ不動産なら、物件の下見と同時に検査するから、気軽に頼めて3営業日以内に結果がわかります。

建物の検査って何をするの?

「戸建て住宅」「集合住宅」など物件ごとに基準を作成、
項目にしたがって住宅の見える化を行ないます。

建物全体のリノベーション(戸建てでは基礎や外壁、屋根を含む)の場合、100項目以上のチェック項目に基づき総合的に住宅を検査した上で、リノベーションの提案をさせていただきます。

検査表

品格法など、各種法基準はもちろん、ニッカ不動産が長年のリフォーム・リノベーションで経験した様々な問題点をふまえた上で基準を作成。
その内容は公的検査基準を上回っています。

保証書

施工された方には、保証基準(保.証条項)に基づいて最長15年の保証書を発行しています。

無料建物検査のお問い合わせはこちら

耐震診断

突然やってくる地震。
大切な住まいを守るのは、確かな耐震補強です。

中古物件は築年数が古くなるほど耐震強度が弱くなっていきます。
中には現在の制度の耐震基準に満たないものもあります。
地震の多い日本で長く安全に暮らすためには、耐震診断は欠かせません。

耐震工事の流れ

無料相談

建築士による相談・アドバイス

無料診断

耐震診断・耐震補強計画
お見積り

工事実行

ご契約・耐震工事の実施
補助金等の手続き

補強方法 一級建築士事務所による安心施工

  • 基礎の補強
  • 耐力UP壁補強
  • 水平耐力強化
  • 接合部補強
  • 外壁耐震補強
  • 屋根の軽量化
無料建物検査のお問い合わせはこちら

後悔しないためのステップ

リノベーションから、修繕・補修まで全てのリフォームが検査の対象です。
検査を行なう事で、リノベーション・リフォーム金額を事前に把握できるメリットがあります。
住宅取得から感性までの流れ
Step 1. わくわくの物件選び

弊社のリノベーション済み物件を、いつでも実際にご覧いただけます。
その他新築・中古のマンション・戸建・土地も多数あります。

無料リノベーション金額がいくらか、3日以内にお答えします!

  • ※ FAX・メールをいただいてから、3営業日以内となります。
  • ※ 繁忙期などの諸事情により、3営業日以内に発送できない場合は店舗よりご連絡させていただきます。
Step 2. 建物検査(インスペクション)
中古住宅の購入者に聞きました!

これに加え、新築住宅を選んだ方に中古住宅を選ばなかった理由を聞くと、「中古住宅の耐久性、品質、耐震性に不安があるため」という場合が多いのです。

POINT
中古住宅の「耐久性、品質、耐震性への不安」をなくすための建物検査は、安価に住宅を手に入れるための有効な手段と言えます。
Step 3. 総合的なリノベーション

例え共同住宅であれ、ハウスメーカーの住宅であれ、全く同じ建物は存在しません。
特に中古住宅の場合、見た目は同じ住宅や間取りでも、日照条件・住宅の使い方・メンテナンス度・劣化質・職人の質・土地の違い……様々な理由によって、同一ということはありえないのです。
ステップ2で行なった中古住宅の建物検査により、建物の問題点を明確かつ透明にした上で、お客様のご家庭に最適なリノベーションのプランをご提案します。

POINT
住宅は生き物のように日々変化するもの。
だからこそ、物件ごとの調査が設計に活かされます。
リノベーションとは

中古住宅に対して、住宅の価値を高めるために全体的な改修を行なうことをリノベーションと言います。
ニッカ不動産では、ご家族のライフスタイルや夢に合わせたプランニングを行なった住宅のことをリノベーション住宅と位置づけております。

リノベーション

後悔しないためのステップ

何のためにするの?

“建物を知る”ために行ないます。
人間に例えるならば健康診断と言ったところでしょうか。今現在の、建物の状態を把握するために行ないます。
悪い箇所があれば早めに対策をすることで、住宅の寿命を延ばすこともできるのです。

費用はかかるの?

3物件を無料でご案内いたします。
弊社がご案内できる物件のうち、3物件までは無料でご案内しております。

どんな人が検査をするの?

20年以上の実務経験を持つ有資格者が行ないます。
1級建築士事務所として長年培った知識と経験をベースにして、20年以上の実務経験を持つ各種有資格者が行ないます。

どんなメリットがあるの?

良い点・悪い点ともに把握することができます。
悪いところを探すことだけが検査ではありません。 実は、建物検査の最大のメリットは、良いところを把握できることなのです。

検査の対象範囲ってどこまでなの?

床下から表面的な劣化まで、幅広く行ないます。
表面的な劣化についても検査をするため、空室が条件ではありますが、戸建住宅では床下から屋根裏・住宅に瑕疵(かし)の疑いが無いかはもちろんのこと、シックハウスの原因であるホルムアルデヒドの測定や、湿度計を用いた床下環境の検査まで、幅広く行ないます。

検査項目はどれくらいあるの?

集合住宅で90項目、戸建住宅で160項目ほどです。
建物の大きさ・仕様にもよりますが、集合住宅で90項目(150カ所)、戸建住宅では160項目(250カ所)にも及びます。

検査にかかる時間はどれくらいなの?

おおむね1.5時間~2時間程度です。
戸建・集合住宅など、建物はもちろん検査の条件等にもよりますが、おおむね1.5時間~2時間程度となります。

検査基準って厳しいの?

建築基準法より更に厳しい基準で行なっております。
品確法や建築基準法で定められた数値を判断基準とし、弊社が長年にわたり蓄積してきた20万件以上のリフォーム実績で得た経験から検査項目と検査基準を追加しています。
このため、狭い範囲でのより厳しい基準ではなく、より広く・より厳しく。それが弊社の特長になります。

検査はいつしたら良いのですか?

入居前が理想です。
入居前(加えてリノベーション計画があるのでしたら、その前)が理想です。
他の質問の回答と重複しますが、荷物がある状態や冷暖房を使用している部屋では正しい計測はできません。
床の傾斜を検査する場合においても家具などの重量物で床の状態が変わり、正しい計測ができなくなるのです。

保証はあるの?

もちろんあります。
ただし弊社が施工した箇所についての部位が対象となります。
年数は最長15年の保証書を発行させていただいております。

検査したらリノベーションしなきゃいけないの?

いいえ、最終的な判断はお客様にお任せしています。
そのようなことはありません。リフォーム会社だからといって、リノベーションを押しつけることはいたしません。
最終的な判断はお客様ご自身にお任せしています。

検査が不合格だとリノベーションしてもらえないの?

そのようなことはありません。
建物検査では、悪いところ探しをするのではなく、よりその建物を「知る」ことに重きをおいています。
建物の状態を把握し、もし悪いところがあるのならば、それなりの対策をとることは可能であると考えています。

検査の結果はどのように教えてくれるの?

3営業日以内にご報告いたします。
検査報告書にて、3営業日以内にご報告させていただきます。