よくある質問

住宅を売る、購入するにあたって様々な悩みはあると思います。
法律的、専門的な事も含めて住まいのプロがアドバイス致しますのでご検討の参考にしてみてください。

不動産売買について

Q.査定すること自体近隣に知られたくないのですが。

弊社は、社名入りの自動車で訪問することはありません。 ですので、査定の段階で近所の方に知られることはありません。...

より詳しく知る

Q.オープンハウスって何をするのですか?売る側のメリットは?

空家の物件に限り、購入希望者様に気兼ねなく内覧して頂くことを目的として、オープンハウスを行います。 実際に現地を見やすい機会を設けることで、早期売却につながります。...

より詳しく知る

Q.物件が売れ残った場合はどうすればよいでしょうか?

個人のお客様ではなく、業者が再販目的で買取を行うケースがあります。...

より詳しく知る

Q.査定をしたあとで売却を止めたくなったんですが。

査定とは、お客様が売却するかどうかを考えるためのプロセスですので、査定後の売却中止は何も問題ありません。...

より詳しく知る

Q.複数の不動産会社に依頼をかけてもいいのでしょうか?

売却の依頼をする際に、一般媒介契約という依頼の方法をご利用頂きましたら、複数の不動産会社に依頼をすることが可能です。 専属専任媒介契約という型式ですと、1社のみにしか依頼ができません。...

より詳しく知る

Q.まだ居住中の物件ですが査定は可能でしょうか?

大多数の方が、居住されながら売却活動を行われています。 ですので、居住中での査定も可能です。...

より詳しく知る

Q.購入希望者の方が突然見学に来ることはありますか?

居住されながらの売却活動の場合、内覧の際は、事前に予定を合わせた上で、業者立会いで見学を行います。 購入希望者のみで突然訪問することはありません。...

より詳しく知る

Q.引渡しの際に不要物の処理や汚れ、修復など必要でしょうか?

家具等が残っている場合は売買契約締結の際に、売主・買主どちらが処分を行うかを双方話合いで決めるケースが多いです。 また、修復の範囲なども同様です。...

より詳しく知る

Q.物件を売却させやすい時期などはありますか?

不定期ですが、一般的に住み替えが多い時期は2~3月頃です。...

より詳しく知る

Q.住まいを変えたいのですが「売却」と「購入」どっちを先にすれば良いですか?

購入の資金計画の中で、ご自宅の売却費用を充当する予定のある場合、先行して売却活動に取り組む必要があります。...

より詳しく知る

Q.査定価格より高く設定しても良いでしょうか?

査定価格は、あくまで市場の予測に過ぎず、査定価格を上回る価格での需要があることもあります。 ですので、最初の一定期間、査定価格より高い値付けで売出しを行うことは可能です。...

より詳しく知る

Q.査定依頼時に必要な書類など必要な物を教えて下さい。

対象不動産の登記事項証明書、間取りのわかる図面、新築時の資料、同年分の固定資産税の納税通知書などがあればご用意頂きたいですが、揃わなくても査定を行うことは可能です。...

より詳しく知る

Q.査定費用は掛かりますか?

弊社では、査定・販売活動の際に費用を請求することはありません。 販売活動を実際に行い、買主さんとの売買契約が成立した際に、仲介手数料を頂戴します。...

より詳しく知る

Q.すでに支払った固定資産税はどうなりますか?

すでにお支払い済みの固定資産税は、物件のお引渡しの時点において、4月1日を起算日とし日割り精算を行います。...

より詳しく知る

Q.住宅ローンが残っていますが売却は可能でしょうか?

購入希望者さんに物件を引き渡す際の条件として、引渡し前に抵当権を抹消することが必要です。 住宅ローンの残額を返済できる売却価格の設定であれば、売却自体は可能です。...

より詳しく知る

よくある質問

ニッカ不動産実績
よくあるご質問
スタッフブログ
リフォーム増改築 ニッカホーム
リフォーム&リノベーション マニカホーム